代官山駅近くの美容室canna(カンナ)

blog

こんにちは!宮澤です。

昨日は映画マレフィセントを鑑賞してきました。

写真

 

アンジーがほんとに綺麗で見入りました。

今まで悪役とされてきたマレフィセントですが、実は。。。

マレフィセントの見方が変わりました。

さて、今日は劇中歌のonce upon a dream を歌うLana Del Rey(ラナ・デル・レイ)

の曲 born to die を紹介したいと思います。

この曲はラナがメジャーデビューした時のアルバム曲なのですが、私がイギリスに住んでいるときに大流行した曲でもあります。

悲しみを表現した曲が多い印象で、彼女自信でも自分のジャンルを「サッドコア」と公言しているほど。



この曲を聴けば、once upon a dreamに抜擢されたのも納得です。

映画マレフィセントの世界観と完全に一致してます!

ちなみに劇中歌はこちら。



初めてラナの曲を聴いたときはあまり受け入れられなかたのですが、時が経つにつれて彼女が言う悲しみのリズムと声にのめり込んでいってしまった事が今でも忘れられません。

是非聞いてみて下さい!

宮澤