代官山駅近くの美容室canna(カンナ)

blog

こんにちは。宮澤です。
カラーの回に引き続き今回も髪の毛や、頭皮についてです。

近年関心の高まっているテーマ…

『抗酸化』についてです。

「最近髪の毛のぱさつきが気になるなー」
「髪の毛のクセがでてきたぞ」
「ツヤがなくなってきたなぁー」

と感じている方、注目です!!


注)私、宮澤の文章は固く説明は長いと評判ですので、興味のある方は頑張って是非読んでやってください。(笑)


そもそも抗酸化作用とはなんでしょう?

◎抗酸化作用とは
酸化とは簡単に言ってしまうと物が錆びたり、くさったりすることをいいます。
もちろん人の身体も酸化します。人は酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学変化を起こし活性酸素というものが出ます。

活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っていますが、過剰に発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させます。

動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。
活性酸素はほとんどの病気の原因とさえ言われています。添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなどは、活性酸素を発生しやすいものとされています。

そして、その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。

なぜ今抗酸化をテーマにしているのか。その理由をこれから説明したいと思います!

皆さんここまでで、疲れていないですか!?(笑)続けます。


◎髪の毛や頭皮に対しての酸化

人には本来、活性酸素からの防御機能として抗酸化の力が備わっておりますが、年齢とともに抗酸化力は低下してしまい、地肌にも活性酸素が溜まっていきます。食品添加物や喫煙、ストレス、大気汚染などが主な活性酸素の原因です。
地肌に活性酸素が溜まってしまうとそこから新しく生えてくる髪の毛は、酸化の影響でパサついたり、ツヤも悪くなり、地肌も黄色くくすんでいくことが研究でわかったそうです。

つまり、つややかな髪の毛を保ったり、健康に長くヘアデザインを楽しむためには地肌の抗酸化力を高めるケアを行ってあげることが大切なんです!!

そう!いい髪はいい頭皮から!

バランスよく栄養を取ることが大切ですが、抗酸化作用の高い成分としてポリフェノールやビタミンB6が注目されています。


ポリフェノールは、ぶどうやオリーブ、ローズマリー、アーモンドなどに。
ビタミンB6は、にんにく、海藻、まぐろ、レバーなどに多く含まれております。


な、なんと!cannaではそんな抗酸化作用のあるオーガニック商品を多数取り扱っています!
う
こちらはほんの一部。

シャンプーやオイル、トリートメントに抗酸化力の高いローズマリー、オリーブオイル、ぶどうエキスが含まれております。

これらにより地肌の黄ぐすみが透明感のある地肌へ、ツヤやハリがある髪の毛を育む手助けになります!!
興味のある方は是非是非是非是非スタッフにお尋ねください!

次回は酸化対策メニューを紹介致しますのでお楽しみにっ!!