代官山駅近くの美容室canna(カンナ)

blog

あ、暑い…

新井です。
梅雨前だというのに日差しが夏ですね☀︎

先日は朝から浦田と撮影をしておりました
IMG_5999
代官山の西郷山公園までいき緑の中パシャパシャと。
そばかすがとってもキュートなモデルさんでございました。
IMG_5997
天気がよく撮影日和でしたが、
気になるのが紫外線!

私は肌の血色がとても悪く、肌が白いと言われることが多いのですが
紫外線対策などの質問をお客様から頂くことがあります。

そこで!本日は夏に向け、
紫外線対策、日焼け止めについて書かせていただこうと思います。

まず、UVA・UVBの害とは?
UVA
メラニンを黒くさせます。真皮にまで到達するため、コラーゲンやエラスチンを変性させ、シワの原因になります。
UVAを防ぐ力をPA++++で表示します。
UVB
皮膚を赤くしたり、お肌を火傷状態にします。これがシミの原因となります。
UVBの防止効果を表すのはSPF50+で表示します。

シミ・深いシワは自然な老化現象ではなく
紫外線(太陽光)を浴びることによる「光老化」で起こるため、
毎日の紫外線防御を繰り返せばシミ・シワなどの大きな肌の老化現象はほとんど起こらない。と言えます☝︎

これを防ぐには、日焼け止めは必要不可欠!
しかし、日焼け止めは何を気にして選んだらよいのか。

日焼け止めには主に、
皮膚の中で吸収波長を変えて放出する「紫外線吸収剤」と
表面で散乱させる「紫外線散乱剤」の2種類からなります。

このうち、「紫外線吸収剤」にはケイ皮酸系化合物を代表とする成分が含まれており、
アレルギー性皮膚炎の症例が多数報告されているなど有害性が懸念されています。
なので、安全性の高い紫外線散乱剤のみを使用している紫外線防御化粧品を選ぶことが大切です。

ちなみに、PAの+(紫外線防御数値)の目安は
PA+〜PA++  日常生活(散歩、買い物など)
PA++〜PA+++ 屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動 
PA+++++   炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど
となっているので、
それぞれの生活シーンに合わせてSPF、PA表示を確認して選ぶと良いです◎

私も、今年は小6ぶりに水着を着ようと思っているので
日焼け対策頑張ろうと思います!
IMG_6167

あらい